日記、ゲーム、パソコン、料理、スポーツ、音楽、健康、etc... 色々なことについて綴っていきます。
スキー、インストラクター(プチトマトさん)からの助言


①腰を向けろ。腰から行けば、自然と板が曲がってく。

②重心が後ろ乗りになってる。板の真ん中にのるように心がけなさい。
ジャンプして着地したところがうまく乗ってるとき。
また、山足だけで立って、谷足を添えるようにすると重心の真ん中になる。

③カーブするときは、ストックを斜面に向けるようなイメージ。
上体は常に前を意識。横を向いてはいけない。

④曲がったとき、スピードを殺すために谷足になる方で踏ん張るけど、ケツが出てはいけない。ケツが出る(へっぴり腰になり)と、体重が後ろにかかってしまう。
そうじゃなく、ちょうど、足の指の付け根あたりにギュッと踏ん張る感じで体重をかける。

⑤ストックの持ち方は、腕と脇の間にストックが一本分入るくらいにして、縮こまらない。自然に。


なんといっても
へっぴり腰になるな。
腰から前へ
を意識。常に腰から攻める。
スポンサーサイト

【2011/02/06 17:45】 | スポーツ
トラックバック(0) |